自己評価高めなビバ1
自己評価高めなビバ2

自己評価かなり高め


 ここ最近ふたり乗りを希望されるお客さんがものすごく増え、必然的にハクちゃんの出番が多くなりました。
そのことに不満を持つハクちゃんを勇気づけるため、タイミングを見計らってこっそりニンジンをあげるのですが、いくらコソコソあげても気づくとビバの熱い視線を感じるのです。

そんな中ハクちゃんと交代してビバをひき馬乗馬のお仕事に出すと、数人乗せただけでなぜかものすごいやり切った感を出して戻ってくるようになりました。

そしてニンジンをポケットに忍ばせたボスがやってくると「うんうん」と首を縦に振り猛アピール。
さらに「お利口さんにしてたか?」と問いただされると、首の振りはエスカレート。
速さも増し、首がもげるのではと心配になるくらいヘドバンするのです。

そんなビバを面白がり、何度もお利口さんだったかと問いただすボス。
必死な形相でヘドバンするビバ。

欲しいものを手に入れるにはこれくらいの情熱を持つべきなのかもしれない、と見ていて思うのでした。