こそ泥ハク1
こそ泥ハク2

隙間産業
ビバとハクちゃんは対照的。
要求を全力で伝えてくるのがビバ。静かに時が来るのを待つのがハクちゃんなのです。

もちろんハクちゃんは鼻が鳴ってしまったり鳴くこともあるのですが、不思議なことにビバの要求が激しいと鳴き声も小さくなるのです。

おそらく興奮したビバが何かやらかし怒られると踏んでいるのかもしれません。

この日も水桶をひっくり返してお小言を言われているビバの横で、静かに軽トラから草を盗み食いするハクちゃんなのでした。