シルビビるハク落ち着いてる1
シルビビるハク落ち着いてる2

三者三様バラバラ
いくら仲が良くても、万が一の時に頼りにされなければ馬飼としては問題。。。

冷静を努め、回転させる、手綱を下に引いて鼻先を下に向けるなど、馬を落ち着かせる合図を送っても一度パニックになったシルは手がつけられません。

ただ引っ張ってダッシュするということはないため、ジタバタしながらも前に進むため。そのもま目的地まで連れて行くのです。

ただ、一番怖いのがパニックの飛び火です。
幸いハクちゃんはシルがパニックになっても一切テンションを変えることなく落ち着いて歩いてくれますが、感受性の強いビバの場合は下手すれば彼も興奮してしまうでしょう。

動じずにいてくれるハクちゃんに感謝しながら、こんなとき我が家のボスなら毅然とした態度も明らかに見えるラオウのオーラを発してシルを抑えるになぁと自分に足りないものを改めて認識させられるのでした。。。