今日もうちのウマコが騒いでる

富山県魚津市にあるふれあい牧場フロンティア。3頭の馬とお空のビッグが繰り広げる日常をマンガにした絵日記ブログ。絶賛毎日更新!

2021年11月

ボスとマッサージ1
ボスとマッサージ2

チョップとマッサージの違いは
馬にもわかるらしい

子供の頃から馬に乗り、映画やドラマで馬のスタントもこなしていたため、骨折や靭帯損傷など怪我が絶えなかったとボスは言います。

そのせいか人体と馬体の構造を常に意識していたのでしょう。いつの間にかマッサージが上手くなったようです。

その腕前はプロ。
お金を払ってでもやってもらう価値は十分あり。

そんなボスが先日友さんに教わった馬の指圧マッサージをハクちゃんにしてあげたときのことです。
たてがみの根元あたりを圧迫したあと、切叩(せつだ)と呼ばれる手刀で叩くマッサージをし始めたのですがハクちゃんの様子がおかしい。
どこか慌てたような挙動不審な様子を不審に思いよく見てみると、ボスは切叩ではなく、「チョップチョップ」とつぶやきながらハクちゃんをチョップしていたのです。

それは傍目には同じに見えるようで、施術を受ける側からしてみたら似て非なるものらしく、マッサージが嫌いになったら困るので、慌ててやめさせたのでした。

 
 

シル出られない1
シル出られない2
このあとビバは強制退去させた

先日コテンパにやられて以来、ビバがものすごく怖いシル。
それを知ってか、ビバはわざとシルを怖がらせます。
この日も部屋から出ようとするシルを通せんぼするかのように立ちふさがり、悪い顔で睨みつけていました。。。

そしてシルは普段絶対汚さないお昼寝エリアにボロをしてしまい、恐怖のあまり固まってしまったのです。

さすがにこれはないな、とビバは強制退去させましたが、彼のジャイアン化はいい加減止めないといけません。

さあ出番ですよ!ボス!




 

姑息なビッグの間合いの取り方1
姑息なビッグの間合いの取り方2

余計に怒りを買うことに
彼は気づいていなかった

牧場でボスに叱られているウマコたちを見ると三者三様。
中でもちっさなおっさんことビッグハートの逃げ方は彼なりの創意工夫を感じさせるものがありました。

決して捕まらず、かといってダッシュで逃げて余計な怒りを買うこともなく、適度な間合いをとりながら牧場中早歩きで逃げるのです。

側から見るとただただビッグとボスが早歩きで同じ道を永遠と歩いてるだけ。

そして手が届きそうで届かない逃げ方をされてボスは余計にイライラと(笑)。
ビッグの思惑に反してさらなる怒りを買うことになるのです。

結局捕まりしこたま叱られるのですが、この逃げ方。しっかりシルとハクちゃんに継承されています。

ということは逃げ方あるある、なのかもしれませんが、このシュールな場面がわたしはとても好きなのでした(ジワジワきます)。




 

想定外は苦手1
想定外は苦手2


不測の事態に弱いオトコ……

ルーティンを大事にするビバにとって、イレギュラーな事態は大問題。
頭の整理が追いつかず、気持ちを落ち着かせるまではずっと怪訝な顔をしています。

先日も、修学旅行で来ていた学生さんが、バスの時間に間に合わないため、乗った姿だけでも写真を撮りたいとたずねてきました。

聞くと集合時間まで後3分。
2〜3歩歩いてUターンし、スタート地点に戻ると急いで写真を撮り牧場を後にしたのですが、その間ビバは始終怪訝な顔をしていました。

そして部屋へ連れて帰ると水をガブ飲みし、顔を上げたと思ったら大きなため息をつき、懸命に気持ちを落ち着かせていたビバなのでした。

もっとトンロンしろ1
もっとトンロンしろ2

ビバの好き、が増えることが
ものすごく嬉しい   

先日友人が教えてくれた馬の指圧マッサージですが、ハクとシルはお気に入り!
特にシルはうっとりとした様子で受け入れていて、ウマコたちとのコミュニケーションがますます楽しみになってきました。
指圧の詳しい内容は、Twitterで数回に分けて(現在進行形)紹介しているので、興味のある方は見てみてくださいね。
※Twitterは「チャンプくん」で検索またはhttps://twitter.com/iQA7TpV3KcBmSqVへGO!


さて、我が家のツンデレビバですが、彼は圧が好きでないようで、様子を見ながら試しています。
そのかわりビバが好きなのは額トントン。

よくボスに小さい頃からトントンされていたので安心するのか、ちょうどみけんのあたりにあるつむじらへんをトントンするとおとなしくしているのです。

先日も少しトントンし、すぐにやめたところ、鼻先でもっとやれとアピールしてきました。

再びトントンしてあげると、じっと前を向いたまま、満足しているのかどうかよくわからない顔で、トントンされ続けていました。

ただ、体が超敏感で触られるのが得意ではないビバからのアピール。

平静を装ってトントンし続けていましたが、内心天にも昇るような気持ちになっていたのでした。



 

↑このページのトップヘ