シルの気持ち1
シルの気持ち2

ただのカキカキ棒
シルと私は間違いなく相思相愛だと思っています。
でも、もう少し掘り下げて考察してみると、若干私の方が使われてるっぽいような気がしなくもなく。。。
彼女がもし馬ではなく猫であったら、間違いなく私は下僕なのだろう、とも思います。

ちなみに我が家ではマッサージが好きなのはシル。
ビバは好きだけど時間が長いとしまいには怒ります。
そしてハクはおそらくそこまで好きではない。

そうなると、やっぱりシルのアヘ顔が見たくなり、ついつい構ってしまうのでした。