長文はわからない1
長文はわからない2


わたしはよくウマコにしつこいくらい話しかけます。
おかげでボス以外の人間と会わない日が続いても、口が回らなくなることもなく、むしろ饒舌かもしれません。

さて、ウマコに話しかけること自体は悪いことではなく、むしろ良いことだと思っているのですが、ついついやりがちなことがあるのです。

それは、本来「短く明確」に出すべきである指示を、長々としてしまうのです。
どういうことかというと、通常我が家では足の裏(ひずめの裏)の汚れを道具を使って掘り出すお手入れをする際、「足」と声をかけて、わたしの場合はそれと同時に足をトントンと2回軽く叩いて合図を出します。
そうすると皆、ピッピッと足を上げてくれるのですが、特にハクちゃんに対しては、「今日はいいお天気だねー」から始まり長々と話しながら「じゃあ足しようか」と指示出しをしてしまうのです。

考えてみればそんな長文の中で「足」の指示を出してもわかりっこないですよね。

ただ、それに気付きながらも「もーいつもできてるじゃんー」とまたしても長文はで話しかけてしまうので、永遠にお手入れが終わらないのでした。

いいかげん学習しよう、わたし。。。