シル誕生日1
シル誕生日2

5年前とはまるで別馬‥‥‥


春先から夏前までは馬たちの誕生日が続きますが、我が家もビッグを筆頭に、4月、5月、6月とお誕生日ラッシュ!
嬉しい毎日が続くのです。

さて、本日はフロンティアの愛娘、シルの七歳のお誕生日です。

彼女と初めて会ったのは5年前の北海道。
どちらかというと目立たぬ内弁慶な印象の女の子でした。

そんなシルを「美人ちゃんだから」とおっさん的な発想で我が家へ迎え入れることをボスが決めたのです。

ただうちに来た当初は見た目が美人ではあるけれども前髪も伸び放題、目つきもやや厳しめのいかつい形相。
小さな子供からは「ラ王の馬」や「強そう」など言われる始末。

実際、さんざんお世話になったビッグを子分に従え、 ビバとの喧嘩も絶えぬ日々。
年端もいかないビバは散々やられ、喧嘩の仕方はシルに教わったようなもの。

それが宇宙人に攫われてから、徐々に性格が温厚になり(対人限定)、前髪をぱっつんにしてからはまるで別馬のように可愛らしい女の子へと変化したのです。
そんな彼女が私はとてもとても可愛くて。
両手を広げれば腕の中に飛び込み、顔を近づければ目を細めて顔を寄せる。
疲れて座り込めばそっと隣にいてくれて、いつもこちらを見つめ続けてくれる。

どれだけ彼女の存在に助けられてきたことか。
 
耳の穴の掃除を疑うことなく任せてくれるところ、目ヤニを取るために指を目に近づけてもじっとしていてくれるところ、嫌なことがあっても後ろ足を地団駄することで感情を抑えてくれるようとするところ、、、

その全てに彼女のこちらへの気遣いを感じられ、ものすごく愛おしくなるのです。

見た目はクールでツンデレなところもあるシルですが、寂しがり屋の女の子。
どうぞ今年も可愛がっていただければ幸いです。