シルロープ跨ぐ1
シルロープ跨ぐ2

引っ張って伸ばしてゆるませてまたぐ‥‥‥
恐ろしい知能‥‥

エサやりのお客さんはたいていシルとハクの間を行ったり来たりします。
すると、ハクは柵越しにシルにいじわるをされるのです。
まるで「あたしのニンジンを何食べようとしてんのよ」と言わんばかりの形相で襲いかかり、ハクの白い体に丸い歯形をつけるのです。

そこで、シルとハクの間の境界線にさらにロープを加えてシルがどんなに首を伸ばしてもハクに届かないようにしたのでした。


それもくぐれない、またげない微妙な高さに。

しばらくの間は何度かトライしていましたが向こう側に行くことができず、こちらもしめしめと思っていたのですが、気づけばあやしい動きをするシルが。

なんと、体で紐を前後に何度も何度も押し続けていたのです。

するとどういうことでしょう。

いつの間にか紐の結び目はゆるみ、シルがまたげるくらいたゆんでいるではないでしょうか。

そのたゆんだ紐を悠々とまたぐとハク側に移動し、すっかりとくつろいでいたのでした。