今日もうちのウマコが騒いでる

富山県魚津市にあるふれあい牧場フロンティア。3頭の馬とお空のビッグが繰り広げる日常をマンガにした絵日記ブログ。絶賛毎日更新!

カテゴリ: 馬のヒエラルキー

ハクちゃんのキック1
ハクちゃんのキック2

ハクちゃんの
大冒険 
 
 続きを読む

女帝完敗1
女帝完敗2

一体何に怒っていたのだろうか……

いつも突然始まる運動会。
つい一週間ほど前のことです。
この日もいつものことだと思っていたらなにやら様子がおかしいのです。
完全に怒りモードのビバが執拗にシルを追いかけ倒し、シルは聞いたことのない叫び声をあげて逃げるも、足の速さではビバには及ばず、あっという間に間を詰められるとまた必死に逃げる。
止めに入ろうにも、こちらにも突進してきそうな勢いに圧倒されてしまい、ようやくビバを捕まえられたのは彼が勢い余ってか、それとも休憩したかったのか自分の部屋に飛び込んだ時でした。

興奮しきったビバを落ち着かせましたが怒りが継続しているのかしばらくの間目を尖らせていました。

何が起こったのか全くわからないのですが、理由も原因もないのにビバは怒りません。
シルに聞いても怯えきっていて話にもならない。

当分の間は放牧中ビバとシルの様子は見ている必要がありますが、体格も体力もすっかり大人になったビバにはもう勝てないと思ったのでしょう。
その日以来かつての女帝はすっかり鳴りを潜め、静かにハクと寄り添っています。

 


八つ当たりされるハク1

八つ当たりされるハク2

めでたしめでたし


我が家へ来た当初、ハクちゃんはなにかというとシルのサンドバッグに利用されていました。

シルはボスに怒られたらハクを蹴りに行き、気に食わないことがあれば追いかけ、それはそれは意地の悪いことをしていたのです。

まだハクのことを仲間とは認めていなかったというのもあったかもしれませんが、ビッグがお空へ行ってからはますますエスカレート。
ハクも逃げれば良いものを、ぼーっとしているのですぐやられる。
おそらくこんな乱暴者と暮らしたことがなかったのでしょう。無防備すぎたのです。

ハクにとっては試練の日々が続き、我が家へ来て3年。
今ではシルの殺気を瞬時に察し、全力で逃げるようになりました。



 

ハクの蔓草千切る1
ハクの蔓草千切る2

輩…‥‥

草木が元気な今の時期、外乗は誘惑がいっぱい。
ウマコたちも外乗へ行く度に草バイキングをするのですが、蔓草を取った時は結構な割合でビヨーンと長い状態のままくわえて歩いています。

ただ、あまり長すぎると脚で踏んでしまい危ないので口から離すのですが、今回はハクちゃんが長ーい蔓草をくわえていた時のお話です。

たいてい私が軽トラで後ろからたらたらとついていき、ボロ回収係を務めるのですが。その日の外乗は、ボスとビバ、お客さんとハクちゃんだけで出発することになりました。


そして途中、モグモグタイムを設けると、ハクちゃんが嬉々とした顔で長い蔓草をゲットしたのです。
ただ、あまりにも長すぎて危なかったため、いつもなら私が軽トラから降りてハクちゃんの口から蔓草を離すところ、ボスはビバに「行け」と声をかけたというのです。

するとビバはスタスタとハクちゃんの方へ歩いていくと、おもむろにハクの口から出ている蔓草をくわえ、思い切り引きちぎったのです。

ほとんどの蔓草を取られてしまったハクちゃんは呆然とした様子で残りの蔓草をくわえたままたたずみ、ビバは奪い取った蔓草をむしゃりむしゃりと食べ尽くしたのでした。

その様子を見ていたわけでありませんが、聞いただけでゾッとするようなビバのお手伝いに、ますます身の引き締まる思いをする私でした。 
 
 

食うものと食われるもの1
食うものと食われるもの2

すぐには許してくれない‥‥‥

普段ヒエラルキー的に最下位のハクちゃんは、放牧中、ビバとシルの部屋に侵入して好き勝手するのを楽しむ傾向にあります。
ビバのお水を飲む、シルの部屋でボロをする。。。
などなど。
彼らが気づかないうちはいいのです。

ただ、ウマコたちはすぐに気がつきます。
そして背後からハクちゃんに忍び寄ると、追い詰め追い詰め隅まで追い詰め、かなり執念深く追い詰めるのでした。
応援しかできないけど頑張れ!ハクちゃん!

 

↑このページのトップヘ