今日もうちのウマコが騒いでる

富山県魚津市にあるふれあい牧場フロンティア。3頭の馬とお空のビッグが繰り広げる日常をマンガにした絵日記ブログ。絶賛毎日更新!

カテゴリ: 馬の個性

ハクちゃん省エネタイプ1
ハクちゃん省エネタイプ2

無駄な力は使わない
 続きを読む

ビバ気張る1
ビバ気張る2


出すと決めたら
何がなんでも出すらしい
 続きを読む

コミック1
コミック2

牧場に複雑な空気が
流れる瞬間

もはや説明など要らずこのまんま。。
いちばん気まずいのは、カップルのお客さん。
ハクちゃんはのおしりを無言で見つめ、たいてい女性の方が小さく笑うかもしくはハクを子供扱いすることで場をごまかし牧場をあとにします。

そして、子供、男性だけのお客さんにいたっては、大さハクちゃんを「ウンコマン」と命名して、いつまでも大笑いするのです。

長い長い余韻から覚め、公開していたおしりをようやく隠したハクちゃんは、笑われている=自分が注目されている=いいことがある、と思い込み、近づいてくる。

その瞬間、こちらとしてはどうにも複雑な気持ちになるのでした。
 

禁断の関係1
禁断の関係2

ハクちゃんはフリーズしたまま
動か(け)なかった 

昔はよくシルともグルーミングをしていたビバですが、最近はさっぱり。
馬同士のスキンシップもあまり求めていないビバですが、先日めずらしくハクにビバのほうからグルーミングのお誘いをかけていました。

そして2〜3回ハムハムしたと思った次の瞬間、おもむろに頭を下げてハクの股の下に潜るとハクの大事なところを鼻先でつつきはじめたではありませんか。

あまりのことにハクちゃんは固まったまま動けず、その間もビバは正確なリズム感とヒット率で、パンチングボールのように叩き続ける。

いたたまれない気持ちになったのでしょう。
ボスがとめに入りましたが、ハクちゃんがビバのことをキライにならないか、それが心配で心配でたまらないのでした。。。

 

シルとカナグシ1
シルとカナグシ2


いけないプレイをしている
気持ちになる‥‥‥

欠かせない馬のお手入れの一つがブラッシングですが、ブラシにも種類があり、密集している馬の毛をかき分けてフケを掃き落とすものや、毛艶を出すものなど用途によって使い分けます。
そして、それらの道具についた毛を落とすのに使うのが「カナグシ」です。

その名の通り金属でできているためかたく、先の尖った櫛が付いていて、試しに手のひらをそれで擦ってみると結構痛い。。。

そんなカナグシでのブラッシング大好きなシルちゃん。

毛の汚れがひどい場合にはカナグシを使う事もあるらしいのですが、シルちゃんは結構な力を入れないとご満足いただけません。

ただしカナグシが好きなのは彼女だけ。
敏感で繊細なビバは背中を仰け反らして嫌がり、ハクちゃんもいや〜な顔をします。

さて、シルちゃんが好きなお手入れ道具は他にもあります。

それは金属製の熊手です。
この細い爪で思い切りおしりを掻けと催促してきます。
掻いてあげると鼻と口をひくつかせて喜ぶのですが、なんだか変態プレイをしているようでこちらとしては居心地が悪い思いがするのでした。

 

↑このページのトップヘ