今日もうちのウマコが騒いでる

富山県魚津市でひっそりこっそりウマコたちと暮らす筆者が、馬ってこんな生き物だったの!!! という感想をそのまんま絵日記にしました。

カテゴリ: 馬の個性

ハク驚かされて1
ハク驚かされて2

ずっと目で追われてた

以前Twitterで、ボスが妙な動きをしてウマコたちを驚かせた動画をご紹介したことがあります。
その時は、白目をむいて驚くシルをよそに、ハクちゃんは動じない、と言われていましたが、実は彼相当ドキドキしていたのです。

ボスを凝視しながら首を縦に振り、果敢に挑むビバ。
白目をむき必死に逃げるシル。
両者を見ていたハクちゃんは、自分の番になると、ボスの方へと向けていた顔を静かに回転させ、わたしにロックオン。
ボスの妙な動きが収まるまでの間、ずっとわたしの顔を見つめ続けていました。

まさに現実逃避。
平和を望むハクちゃんらしい対処法なのでした。 


 

地団駄1
地団駄2

態度違いすぎない?

ボスが苦手なシルちゃんは、シャワーが始まると徐々に固まり、最終的には石像と化します。
その精神的ダメージは相当なものらしく、放牧するまで固まり続けるのです。
そして放牧するとダッシュでハクの元へと走り出し喧嘩をふっかっける。
これが彼女のリフレッシュ法ですが、今ではさっきを察知したハクに逃げられ舌打ちを打っています。

さて、そんなお嬢ですが、わたしがシャワーをするとなんてことでしょう。
後脚を思い切り地面に打ち付けて何度も何度も地団駄を踏むのでした。
あまりの態度の違いにしっぽ上げておしりにシャワーを当ててやりたくなるのです。


 

 

 

バイキング1

バイキング2

ボスの後ろでめっちゃ小さくなってる…‥

遊園地の一角に土地を構えるフロンティアは、音とは縁の切れない環境にあります。
5年前はまだ幼かったビバとシル。
世知辛い世の中を知り尽くしたビッグを師と仰ぎ、今ではそんじょそこらの爆音や突発的なアクシデントにもびくともしないウマコとなりました。

ただ、昨年の春にオープンしたバイキングだけは別。

それは厩舎と牧場の間にデンと構え、避けたくても避けられない遊具なのです。

わたしでさえも動いているバイキングの下にいると上から襲い掛かられているようでおののくので、ウマコたちならなおさらのこと。

バイキングの近くまでみに行かせたり、色々しましたが、ビバとシルは動いているバイキングの近くに行くとパニックに陥り、手がつけられなくなるのです。

なので、休園中突然の雨で厩舎へ戻る時、オープン後に厩舎からウマコたちを牧場へ連れていく行く時など、どうしてもバイキングを通らなければならないときは動かない時を見計らって連れていくようにしているのです。

それでもビバに至っては動いていないバイキングも怖いようで、バイキングの横を通るときは、スッとボスの背後に身を隠し、バイキングが見えないようにしながら歩くのでした。
 

シャワー1
シャワー2

ほぼ石像

我が家のウマコたちは皆、そんなにシャワーは好きではありません。
うちは温水がひけないため水は冷たく、夏場の暑い時期しかシャワーを浴びることができませんが、それでも井戸水なので冷たいのです。

それでもそれぞれやり過ごし方を会得したようで、以前と比べると随分とスムーズにおとなしく終えることができるようになりました。

ただ、シャワーの浴び方にも個性が出ます。

ビバはやはりそつがなく、水をかける手順も心得ているようで、顔に当てる時もかたく目をつぶり水が目に入らないようにします。
ハクちゃんも目をつぶるのですが、代わりに口が開き、飲み干すことで水をやっつけようとするのです。

そしてシル。
彼女は順番を待っている間、徐々に意識をほぼ失い、ボスが部屋に入る頃には石像と化しています。
それでも顔に水をかければ目をつぶるものと思いきや、完全にフリーズしているのでした。
 


シルの髪型1
シルの髪型2

酋長…‥

小さいながらもバランスの取れた体つき、片目をおおう長毛、栗毛に金髪、うちに来た当初のシルは一度も女のコに見られたことがありませんでした。
それどころか「ラオウの馬」と呼ばれ、男の子たちから絶大な人気を誇っていたのです。

ただ、我が家で唯一の女のコ。
せっかくなら可愛くしたいと思い、前髪をぱっつんカットにしたのでした。

理想はサラサラペッタンのすずちゃん前髪。
でもカットしていった髪から順に厚みを増し、仕上がった前髪は厚さ3〜4センチのもっさり前髪。
馬用のトリートメントをしても厚みが減ることなく、梳いてみたら余計に厚みが増し、とかしていない時の前髪はざんばら髪そのもの。
それならばせめてたてがみだけでもおしゃれにしようと編み込んでみたのですが、毛量が多すぎてしめ縄状態に。

そんな時、SNSで知り合った馬友さんの愛馬ライムちゃんが前髪を可愛く結えている画像を見たのです。

ものすごく可愛くて、これならシルもできると思い早速試したら、酋長が出来上がりました。

それでも前髪をぱっつんにしたことで、お客さんからは女のコだと認識してもらえ、嬉しいことに可愛いと声をかけてもらえ、可愛いと言われることで徐々にシルの表情は柔らかくなっていき、5年経った今は、身も心もすっかり可愛いシルちゃんに変身したのです。

髪型が全てではありませんが、それにより、かけられる言葉が変わると馬も人もきっと言葉通りに変わっていくのだろうなと思うのでした。

 

↑このページのトップヘ