今日もうちのウマコが騒いでる

富山県魚津市にあるふれあい牧場フロンティア。3頭の馬とお空のビッグが繰り広げる日常をマンガにした絵日記ブログ。絶賛毎日更新!

カテゴリ: わたしとお仕事

ビバとボロ1
ビバとボロ2

便秘知らず
続きを読む

オハラさん馬に乗る1
オハラさん馬に乗る2

まだまだ未熟‥‥‥
続きを読む

服の色1
服の色2

天然草木染め
続きを読む

ボロ拾い1

ボロ拾い2

状況が違うと
ものすごくツラい……

馬のフンのことをボロと呼びますが、このボロ。
人間や他の動物と同じで健康のバロメーター。
なので毎日毎回ボロの状態をチェックします。
うちは頭数が少ないのでボロを見ただけで誰のものかすぐにわかりますが、頭数が多くても馬飼さんは結構ボロの個性を把握しているのではないでしょうか。
それくらいボロは大事なものなのです。

さて、馬はほぼ草食動物なため、ボロはほとんどにおいません。
もちろん生まれたてのボロはにおいがしますが、数分もすれば気づかないほどにおわなくなります。
牛さんと違って反芻するわけでもなく、長い腸内をゆっくりと草たちはボロとなり排出されるため、乾燥させればまったくにおいは感じられずポロポロと崩れてしまいます。
色は基本緑。さらに食べているもの(乾燥草か生草か等)によって濃淡が変わってくるのです。

このボロは寝藁などと混ぜて発酵させれば土壌改良に最適な堆肥(肥料ではありません)となり、野菜や花、特にバラの栽培に適した土になるとされています。

こんな素敵な利用価値のあるボロを見ると、時々わたしは草団子を想像してしまうのです。
なので触るのも平気。
ただこれは「すぐに手を洗える状況」であることが条件です。

外乗中のボロ拾いで慌ててしまい、うっかり手についてしまったときは絶望的な気持ちになります。
その辺に落ちている葉っぱで拭っても面が広がるだけ。
水分らしきものを探しても晴天続きで水溜りもない。
そのうちに違うところにもボロがついちゃったりしてもうほとんどパニックです。

クサくない、健康のバロメーター、堆肥にもなる、とは言ってもボロはボロ。
可愛いウマコたちのものだとしてもこの状況で手につくのはツラいなあとつくづく思うのでした。




 

ブユ1
ブユ2

今でも年に一度は刺されてる……

ありとあらゆる虫が苦手だったごくごくふつうのオナゴが馬を飼うともれなく虫を素手で触れるようになります。
今ではムカデなどの害虫以外は触れるかな。
あ、クモは元から平気なので女郎蜘蛛じゃなきゃ触れるかもしれません。

さて、富山へ移住後、初めて迎えた夏はそれはそれは暑く、ウマコたちが食べる草を早朝刈ることにしたのです。  

ただ、仕事前だったし涼しい格好の方がいいやと、キャミソールに短パンで出かけたのでした。

途中足に何やら異変を感じ、ふと見ると、小さな小さな虫がたくさんついていたのです。

当時のわたしはちょうど虫にも慣れてきて、虫との共存を意識し始めていた頃。
この日も草刈りで虫たちの家を騒がしてしまったお詫びに足にとまるくらいお安い御用、くらいの寛大な気持ちでいたのです。

でもここでひとつ大きな問題があったのです。
その頃のわたしはブヨの存在を知らなかったのです。

ましてやこんな小さな虫が悪さするとはまったく思わず、優しい自分にうっとりしながらチューチュー吸われてたんです。

草刈りを終えて一旦家へ帰るとなぜか足のあちこちから血が流れていました。
でもこの時点でもさほど気にせず、草で傷つけたかな、くらいに考えていたのですが、着替えて営業し始めた頃から猛烈な違和感を覚えたのです。

足が異様に重だるく、やがてズキズキと痛み始め、そこでようやくジーンズをめくってみると、あり得ないくらい両足が腫れ上がっていました。

膝までパンパンに腫れて真っ赤になり、そのうちにおそらく熱が出できたのでしょう。意識が朦朧としてきたのです。

このときになってやっと、足にたかっていた虫が原因ではないかと思い始めたのですが既に手遅れ。
偶然遊びに来ていた友人が車で皮膚科へ連れて行ってくれたのですが、先生からは自業自得と言わんばかりの呆れ顔をされ、解熱剤とステロイドを処方されたのでした。

ブヨに刺された経験がある方はご存知だと思いますが、刺された後が本当に大変。
腫れは一週間ほどでおさまりましたが、痛みはひと月以上、痒みはその後一年以上続きました。
13ヶ所刺されたため足はもう出せないほどキズだらけ。

この日を境に、友達になれる虫となれない虫を見極める必要があることを学ぶと同時に、草刈りはキャミと短パンではしないことを硬く心に誓いました。

それでもブヨはやるやつです。 
長靴を履いていても中に入ってきて刺してきます。
なので今でも年に一度はブヨに刺されてしまうのでした(今年は2回刺された)。。

 

↑このページのトップヘ