今日もうちのウマコが騒いでる

富山県魚津市でひっそりこっそりウマコたちと暮らす筆者が、馬ってこんな生き物だったの!!! という感想をそのまんま絵日記にしました。

カテゴリ: 妄想シリーズ

部屋でくつろいでると 擬人化1
部屋でくつろいでると 擬人化2

実際はもっとしつこい……

掃除中もかまえとしつこく、牧場でも隣にピトッとくっつくシルを見ていると、家にいたらこんな感じなんだろうなぁと思うのです。

そして「もーなにー?スマホ見てんだけどー」とか言いながら、最終的にはかまってしまう。 
なんてことをニヤニヤしながら妄想する時間に癒されるのでした。。。

 

バイキングと背1
バイキングと背2

シーちゃんも人間だったら
もうすぐ三十歳くらい‥‥

馬の年齢って人間に例えると何歳なの?
よく聞かれる質問ですが、大体×4くらいだと答えています。

馬の年齢の数え方は、昔は生まれてすぐを一歳(当歳)と呼び、翌年の一月一日を二歳、と数えていましたが、現在は人間と同じで生まれてすぐの当歳は0歳、翌年の一月一日を一歳、と数えるようになりました。
ちなみに我が家のウマコたちの誕生日は
ビッグ2003年4月17日
ビバ2015年6月12日
シル2014年5月3日
ハク2013年4月29日
ですが、ビバとビッグ以外は西暦しか分からず、日付は私たちで作りました。
どんな馬でも一月一日になればひとつ歳を取るという考えなので、お誕生日は特に重要ではないのかも知れませんね。
でもなんとなくその日にお祝いしたので、勝手に日にちを設定したのでした。

さて、一歳半、二歳半で我が家へきたビバとシル。
三歳までの間に抜け落ちたビバの歯はわたしの宝物です。
そして現在は、ハク八歳、シル七歳、ビバ六歳。
みんな競馬界ならそろそろ引退か、という年になりましたが、乗馬の世界ではまだまだ若者の域。
経験と落ち着いた年齢が適した馬場馬術ならデビューもまだしていない頃でしょうか。
活躍する場によって適した年齢があるのも人間と同じですね。


ちなみに馬の身長は体高と呼び、地面から鞍を乗せる背のき甲と呼ばれるところまでを測ります。
だいたい143〜147センチ以下はポニーになるのですが、我が家もみんなポニーちゃん。
ただ、遊びに来られる方の多くはポニー種だと思っていますがそうではなく、犬で言えば小型犬。要は大きさのカテゴリーのひとつがポニーであるだけで馬は馬なのです。
馬を知ってる人なら当たり前のことですが、結構みなさん勘違いしている方も多いみたいです。

いずれにしてもこの数年間できちんと大人に育ってくれたみんなですが、わたしにとっては幾つになっても子どものようなもの。
ついつい子ども扱いしてしまう時がありますが、やりすぎは良くありません。
なのでせめて漫画の中ではちびっ子ままでいてほしいとも思ってしまうのでした。


 

サラの教え1
サラの教え2
ビッグとサラの定期的な訪問求む!

昨日紹介したサラベツオウ、通称サラがボスと出会ったのは、ボスが10歳のときでした。
乗馬を始めたばかりのボスはサラにとことんなめられ、跨がれば振り落とされていたと言います。
このわずか2ヶ月後にはボスは障害を飛ぶまでになるのですが、その成長にともないサラとの絆も深まっていったのです。

そして成人して東京でテレビマンになるまでの間、彼はサラを始めとする多くの馬たちと映画や神事に携わったのでした。
ちなみにボスが夢見た白馬の白雪姫は、ちょうどボスが乗り始める頃に老衰のためお空へ。でも、演技もする超絶頭のいい馬だったらしく、その演技は『仮面の忍者 赤影』でも大いに披露されていたようです。

さて、サラの話に戻しましょう。
ビッグとビバ、シルを我が家へ迎え入れるにあたり、ボスは毎日のようにお空のサラに話しかけていました。
我が家へ来るまでの間に、彼らに人と共存する心得を教えてもらいたかったのです。
その教えは元幼稚園職員だったおじさんビッグにはものすごく響いたのでしょう。
生きている間彼は、経験の浅い若馬であるビバとシルの先導役としての役目を見事に果たしてくれました。

そしてビバ。
彼はサラから賢さとボスと絆を結ぶことを学びました。
そしてシル。
彼女は人懐こさと素直さを学びました。

今でもサラは、ビッグを引き連れて時折牧場へやってきている気がします。

ただ、なんとなくですがその教えの大半はビバとシルの中で都合よくアレンジされているのだろうなぁ、とも思うのでした。。。



名前を呼ばれると1
名前を呼ばれると2

結果みんな来るけど過程はバラバラ

馬も自分の名前を分かっています。
なので呼ばれれば反応し、寄ってもきます。 ただ、その寄ってくる過程には個性が出るのです。  


我が家でも、愛玩担当のシルはお客さんに呼ばれればすぐくる、または呼ばれる前から近くにいる。

呼ばれるとニンジンか、乗馬かの二択になるハクちゃんはお客さんの手元をじっくり確認し、ニンジンを持っていると寄ってきます。

ビバはこれまでニンジンをあまり貰えなかったので疑心暗鬼。
呼ばれたら行かなきゃって思ってるので体は反応するのですが、警戒しながら近づいてくるのです。

そんなウマコたちを見ていると、いかにビッグが偉大だったかが窺い知れます。

彼は呼ばれれば、照準を完全にお客さんに合わせたまま、舌を出したながら赤ちゃん顔で寄ってくる。

あまりのあざとさに、おっさんも策士だなぁと、と毎回思わずにはいられなかったのでした。
 

それぞれの祈り方1
それぞれの祈り方2

真っ直ぐな気持ちだけは共通してる

ウマコたち、わたしたちの祈りも通じて、本日から営業再開です!
と言っても平日なので、今週末からが本番かな。

いろいろあるけどこうしてまた再開できることを幸せに思います!

これまでと変わらず、ボス、ウマコたちと一緒に励みますので、どうぞ皆様よろしくお願いいたします。

では行ってきまーす!

 

↑このページのトップヘ