富山で馬の牧場はじめました

アラフォとアラフィフの中年夫婦が一念発起。東京のど真ん中から富山へ移住。馬の牧場をはじめました

馬は優しい、穏やか、と言うが実のところはどうなのか

f:id:frontierumako:20191118200637p:plain

 

牧場でよく耳にする会話に

子ども「お馬さん怖い……」

親「お馬さんは優しいから大丈夫よ」

というのがあります。

 

果たしてどうなのでしょうか。

 

答えはNO

 

馬だって感情を持った生き物です。

なによりも人間よりも防衛本能は強い生き物です。

だから、人間が優しく穏やかな対応をすれば優しく向き合いますが、

人間から嫌なことをされれば怒るし、意地悪をされれば仕返しをしてくるものです。

その力たるや相当なもの。

だから牧場で上記の会話を耳にするたびに、

馬にも感情があるからね。

と声をかけるようにしています。

 

そして我が家へやってきたウマコたちは皆、未調教でした。

馬は人間の三歳児に相当する知能を持っていると言われていますが、

知能だけではありません。

未調教の馬の恐ろしさは人間の三歳児なんか目じゃありません。

力は強い、我は強い、攻撃性も欲求を貫き通そうとする意思もめちゃくちゃ強い……

 

調教された穏やかな馬しか知らなかった私は、

蹴られる噛まれるは当たり前。

さらにわたしの膝くらいの体高しかないミニチュアポニーのビッグに牧場中引きずり回されるという辱めを受け、暫くの間精神的なダメージに立ち直ることができずにいました。

 

今ではわたしたちの言うことを聞くことが得策だと悟ったウマコたち。

なによりもわたしたちが危害を加える生き物ではないと理解し、

人間=危害を加えない

と認識できたのでしょう。

ずいぶん穏やかなお利口さんたちに育ちましたが、

あの頃の体を張って向かい合った日々の傷は体のあちこちに残ったまま……

傷の数だけ思い出がある、と言い聞かせながら、

日々傷跡にひまし油をすり込んでいます。

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 アウトドアブログ 乗馬・馬術へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村