今日もうちのウマコが騒いでる

富山県魚津市でひっそりこっそりウマコたちと暮らす筆者が、馬ってこんな生き物だったの!!! という感想をそのまんま絵日記にしました。

タグ:コミックエッセイ

シルロープ引っかかる1
シルロープ引っかかる2

結局わたしが折れた‥‥‥

どうなんでしょう、この娘。
譲るってなぁに?
て無垢な顔してた。。。
 

バイキングと背1
バイキングと背2

シーちゃんも人間だったら
もうすぐ三十歳くらい‥‥

馬の年齢って人間に例えると何歳なの?
よく聞かれる質問ですが、大体×4くらいだと答えています。

馬の年齢の数え方は、昔は生まれてすぐを一歳(当歳)と呼び、翌年の一月一日を二歳、と数えていましたが、現在は人間と同じで生まれてすぐの当歳は0歳、翌年の一月一日を一歳、と数えるようになりました。
ちなみに我が家のウマコたちの誕生日は
ビッグ2003年4月17日
ビバ2015年6月12日
シル2014年5月3日
ハク2013年4月29日
ですが、ビバとビッグ以外は西暦しか分からず、日付は私たちで作りました。
どんな馬でも一月一日になればひとつ歳を取るという考えなので、お誕生日は特に重要ではないのかも知れませんね。
でもなんとなくその日にお祝いしたので、勝手に日にちを設定したのでした。

さて、一歳半、二歳半で我が家へきたビバとシル。
三歳までの間に抜け落ちたビバの歯はわたしの宝物です。
そして現在は、ハク八歳、シル七歳、ビバ六歳。
みんな競馬界ならそろそろ引退か、という年になりましたが、乗馬の世界ではまだまだ若者の域。
経験と落ち着いた年齢が適した馬場馬術ならデビューもまだしていない頃でしょうか。
活躍する場によって適した年齢があるのも人間と同じですね。


ちなみに馬の身長は体高と呼び、地面から鞍を乗せる背のき甲と呼ばれるところまでを測ります。
だいたい143〜147センチ以下はポニーになるのですが、我が家もみんなポニーちゃん。
ただ、遊びに来られる方の多くはポニー種だと思っていますがそうではなく、犬で言えば小型犬。要は大きさのカテゴリーのひとつがポニーであるだけで馬は馬なのです。
馬を知ってる人なら当たり前のことですが、結構みなさん勘違いしている方も多いみたいです。

いずれにしてもこの数年間できちんと大人に育ってくれたみんなですが、わたしにとっては幾つになっても子どものようなもの。
ついつい子ども扱いしてしまう時がありますが、やりすぎは良くありません。
なのでせめて漫画の中ではちびっ子ままでいてほしいとも思ってしまうのでした。


 

自己評価高めなビバ1
自己評価高めなビバ2

自己評価かなり高め


 ここ最近ふたり乗りを希望されるお客さんがものすごく増え、必然的にハクちゃんの出番が多くなりました。
そのことに不満を持つハクちゃんを勇気づけるため、タイミングを見計らってこっそりニンジンをあげるのですが、いくらコソコソあげても気づくとビバの熱い視線を感じるのです。

そんな中ハクちゃんと交代してビバをひき馬乗馬のお仕事に出すと、数人乗せただけでなぜかものすごいやり切った感を出して戻ってくるようになりました。

そしてニンジンをポケットに忍ばせたボスがやってくると「うんうん」と首を縦に振り猛アピール。
さらに「お利口さんにしてたか?」と問いただされると、首の振りはエスカレート。
速さも増し、首がもげるのではと心配になるくらいヘドバンするのです。

そんなビバを面白がり、何度もお利口さんだったかと問いただすボス。
必死な形相でヘドバンするビバ。

欲しいものを手に入れるにはこれくらいの情熱を持つべきなのかもしれない、と見ていて思うのでした。

 

 

ハク呼んできて!1
ハク呼んできて!2


結局黒糖見せたら来た………

馬の無口は犬の首輪のようなもの。
これをつけないと我が家では厩舎から牧場へは移動できません。
なので毎朝無口をつけるところから始まるのですが、これがまた、ハクちゃんが素直につけない。

つけたらお仕事しなくちゃいけないと思っているので、呼んでも聞こえないふりして奥の方で佇んでいるのです。

シルもビバも無口を目の前に差し出せば自分から顔を入れるのに、どうしたものかと思っていたある日のこと。
この日もハクちゃんは厩舎の奥で息を潜めていたのです。

営業前の準備は時間が勝負。
また始まったか、と少々イラッとしながらすでに無口をつけているビバに、冗談半分で「ハク呼んできて」と話しかけたのです。

するとすっと後ろを向き、ハクの方へ近づくではありませんか。
そして金網越しにハクをひと睨みすると戻ってきたのです。

驚きつつも、依然ハクちゃんは奥で佇んでいます。
そこで、もう一度ハクを連れてくるようビバに話しかけたのです。

するとまたしても後ろを向き、今度は先ほどよりも近い距離でハクに睨みを効かすではありませんか。 
これはもう言葉を理解しているとしか思えません。

もともとビバは私たちの言葉を理解しているフシがあり、行くよ、お仕事、ご飯、お利口さん、おやつ、速歩、駈歩などレパートリーは数知れず。
でも「ハク連れてきて」はかけたことのない言葉です。
それに対して正しい反応が返ってきたということは、もはや会話が成立しているのです。

とひとり興奮しているのですが、あいにくこの時ボスはおらずわたしだけ。
証拠となる人は他になく、話し盛ってるって思われるだろうなと心配しながらこうして話さずにはいられないのでした。

ちなみにハクちゃんですが、この後黒糖をビバとシルに食べさせたら顔中の穴を広げブヒブヒ言いながら近づいてきました。。。
 

 

ビバの七変化1

ビバの七変化2
単に成長が止まっただけ……


我が家へ来た当初のビバはほぼ白馬でした。
と言っても完璧な白馬ではなく、限りなく白い毛に包まれていたのです。

そんなビバが我が家へ来た理由の一つには、ボスがみた夢があります。

フロンティアオープンが決まり、馬との出会いを求めて北海道へ行く数週間前くらいから、ボスは頻繁に白馬の夢をみるようになったのです。
それはボスが幼少期飼っていた白雪姫にも似た白馬で、あまりにも印象的だったので、我が家には白馬を迎え入れることになるであろう、という予感があったのです。

そして雪積もる12月の北海道で出会ったのが、ビバでした。

まだ一歳になりたてのビバは、その頃からすでに頭角を現し、数百頭はいるであろう馬の中でもやんちゃな新馬。
牧場主はビバを譲ることを渋る中、ボスはビバを我が家へ迎え入れることを即決めしたのです。

こうして北海道からフェリーを乗り継ぎ、ビッグとシルと一緒に富山県魚津市へとやってきたビバ。 
季節は二月。
まだ雪が残る牧場でビッグやシルとはしゃぐビバはそれはそれは美しい姿でした。

それからしばらくしてからのことでした。
突然ボスが、月毛(パロミノ)もいいな、と言い出したのです。

その頃になると、短かったたてがみも立派に長くなり、体高も伸び、北海道和種のママの子なのでこじんまりしていますが、アンダルシアンのパパに似た精悍な馬へと成長したビバ。
でももちろん相変わらずほぼ白馬。
そんなビバにいきなり月毛と言っても仕方がないじゃない、と思っていたら、驚くことに、ビバは徐々に毛の色を変え始めたのです。

そして、本格的に月毛に変わったのは、ハクちゃんが我が家へきてからのことでした。

白馬が2頭になっちゃったね、と話していたのが、気づけばビバが月毛になっていたのです。

こうしてお客さんからもハクちゃんとの見分けがつかない、なんてことも言われなくなり、すっかり月毛の馬へとなったのですが、今度はボスがアパルーサと言い出したのです。

それも、北海道で見た、バンビちゃんのように背中に斑点のある模様と具体的に言い出したのです。

さすがにそれは無理でしょう、と思っていたら、なんとビバの背中に黒い斑点が出始めたのです。

こうしてボスの好みに合わせて自在に変化してきたビバですが、ここ2年ほどは見た目も安定してきました。

きっと、お空のビッグとボスの昔の相棒であるサラベツオウ(サラ)がもういい加減にしろ、と伝えにきたに違いない、そうわたしは思っています。

というのは冗談で、大人への成長が終わったのでしょう。

さて余談ですがこのサラちゃん。
ボスが幼少期から共に暮らしていた馬の中の一頭で、種類はトロッター。
ボスと一緒にお弁当を食べるほどの仲で、フロンティアのオープンが決まり、ウマコたちとも出会えた後は、ビバたちに馬としての心得を教えてくれるようお空のサラちゃんに連日お祈りしていたくらいボスとは強い絆で結ばれた馬でした。

サラちゃんとビバたちについてはまた明日、ご紹介したいと思います。
 

 






↑このページのトップヘ