今日もうちのウマコが騒いでる

富山県魚津市にあるふれあい牧場フロンティア。3頭の馬とお空のビッグが繰り広げる日常をマンガにした絵日記ブログ。絶賛毎日更新!

タグ:ハク

予想外の迫力1
予想外の迫力2

ホントにこんな顔で
見てきた(笑)

初めて外乗へ出られる方や慣れていないお客さんに必ず言うのは、最初が肝心だと言うこと。
草を見つけたら強引に首を下げて食べに行くのをいかに最初に阻止するか、これでその日の外乗の勝敗は決まるのです。

そもそも馬に力で勝とうなんて無理なことです。
一度持って行かれたら最後。
手綱ごと人間の体なんてものの見事に持って行かれてしまいます。

なので、首を下げそうになった瞬間に阻止しなければならないのです。

先日速歩を練習し始めたばかりの母娘が外乗に来られました。
ハクちゃんに乗ったのは母親の方。
優しそうな雰囲気の方で、ハクちゃんも油断したのでしょう。
最初のバイキングポイントで早速首を下げようとしたその瞬間。
手綱と声で思い切り阻止されたのです。

よほど驚いたのでしょう。
ほおけた顔で隣を歩くわたしの顔をしばらく見つめ、その後は上から「いいよ」と指示が出ない限り止まっても草を食べに行かなかくなりました。

乗馬は技術だけではなくメンタルも大事。
改めて実感できた出来事でした。 

 

ボスとマッサージ1
ボスとマッサージ2

チョップとマッサージの違いは
馬にもわかるらしい

子供の頃から馬に乗り、映画やドラマで馬のスタントもこなしていたため、骨折や靭帯損傷など怪我が絶えなかったとボスは言います。

そのせいか人体と馬体の構造を常に意識していたのでしょう。いつの間にかマッサージが上手くなったようです。

その腕前はプロ。
お金を払ってでもやってもらう価値は十分あり。

そんなボスが先日友さんに教わった馬の指圧マッサージをハクちゃんにしてあげたときのことです。
たてがみの根元あたりを圧迫したあと、切叩(せつだ)と呼ばれる手刀で叩くマッサージをし始めたのですがハクちゃんの様子がおかしい。
どこか慌てたような挙動不審な様子を不審に思いよく見てみると、ボスは切叩ではなく、「チョップチョップ」とつぶやきながらハクちゃんをチョップしていたのです。

それは傍目には同じに見えるようで、施術を受ける側からしてみたら似て非なるものらしく、マッサージが嫌いになったら困るので、慌ててやめさせたのでした。

 
 

お供え1
お供え2


今年も相変わらずハクちゃんはピラミッドの一番下。
安定の最下位を継続中です。

先日馬小屋を掃除中、ウマコたちを外につなぎ、それぞれに少しずつ牧草をあげていた日のことです。
ハクちゃんとシルを隣同士につないでいたのですが、いつの間にかハクちゃんは自分の牧草をシルに取られていたのです。

ハクに背中を向け、余裕綽々と牧草を咀嚼し続けるシルに対し、ハクちゃんはただただ体を左右に揺さぶるだけ。
悲しそうな顔でウロウロとしていました。

そろそろ手助けしようかと思ったその瞬間。
ハクちゃんはおもむろに首を下げ、勢いよく牧草をくわえると、そのまま頭を振りかざしてシルの頭の上にフワリと牧草をお供えしたのです。

あっという間の出来事だったため、シルもなにが起こったのか理解できず、しばらく呆然としたあと、頭に草を乗せたまま再び牧草を食べ始めたのでした。
そして、なぜか二人仲良く肩を並べ、牧草を食べ始めたではありませんか。

今年もハクちゃんは弱い。けど弱いなりに日々考え、一生懸命に生きています。
IMG_9630
あきらかに侵略したシル。お供えはいつの間にか消えていた
 

冬の散歩1
冬の散歩2
冬の散歩3
冬の散歩4




富山は相変わらずシトシトと水分量の多い雪が降り続き、我が家では放牧がなかなかできずにいます。
そうはいってもずっと馬小屋ではストレスもたまるだろうし、なによりも運動不足になりがちに。
人間が運動不足になると太ってしまう心配がありますが、馬の場合はそんなことよりも腸の働きが悪くなり、馬にとっては命取りとなる疝痛になりかねません。
馬の体の構造上疝痛を起こしやすいので、なんとしても外に連れ出したいのです。

なので、足の裏を水で洗い流すかわりに、外へ連れ出して雪の上を歩かせることにしました。

体を動かすのが大好きで、さらにボスと一緒だとウキウキウッキーになってしまうビバは、軽やかな足取りでお散歩へとでかけ、雪の中をほじくりいくばくかの雑草をつまみ食いし、行きと同様ウキウキとした顔で帰ってきました。

その間ハクとシルはというと。
ビバだけ外で美味しい草を食べさせてもらってるとでも思ったのでしょう。
ハクは鳴き叫び続け、シルは上だけ外した馬栓棒を強行突破しようと懸命にまたぐ仕草を繰り返し、それはそれは賑やかで騒々しい待機場となっていたのです。

ビバの帰宅後、ハク、シルの順にお散歩へ連れ出したのですが、 ハクはほっこりとした顔でいそいそとでかけ、シルは今にも駆け出さんばかりの勢いと鼻息で張り切ってでかけていったのですが、いずれも帰りは茫然自失な表情に。

きっと外には草があり、いつものようにたくさん草を食べられるとでも妄想していたのでしょう。
一面銀世界の景色に全力でガッカリしたようで、能面みたいな顔で帰ってきました。
そして、あんなに出たいと叫んでいたにもかかわらず、ものすごくおとなしくそれぞれの部屋に入り、もう二度と外へ出たいとは言いませんでした。
IMG_0093
雪がとけはじめても枯れ草しか見当たらない。。。もう寝るしかない

 


ハク怒られる1
ハク怒られる2








MERRY CHRISTMAS!

せっかくのクリスマスなのでハッピーなマンガをと思いましたが、頭に浮かぶのはどうしてもおもしろかった出来事ばかりで。。。本日も相変わらずなお話です。

さて、我が家のウマコたちはしょっちゅうボスに叱られています。
何度も何度も同じいたずらを繰り返すからです。
ただ、、ボスを目の前にいたずらをすることは、まずありません。
理由は簡単で怒られたくないから。
なので、ボスが後ろを向いた瞬間に悪さをします。
バレバレだということがなぜわからないのか毎回首を傾げてしまうのです。

背中を向ける=もうバレない

という思考回路はわたしとしては理解しがたく、3歳児の気持ちを思い出してみようと思っても、あまりにも大人になってしまったため、なあんにも思い出すことができません。 

そして、叱られたウマコたちがまっさきに考えることは、おそらく「どうしたらこの危機を回避できるだろうか」ということではないでしょうか。
大草原なら踵を返して逃げるのかもしれませんが、ボスを目の前にウマコたちはしばらくの間かたまるのです。
そして、ゆっくりと視線を外すと、遠い目をしながらわたしの姿を探します。
見つけたら完全にロックオン。
「助けて(正しくは「助けろ」)」「どうにかして(正しくは「どうにかしろ」)」
と言わんばかりの真剣なまなざしで穴が空くほどこちらを見つめてくるのです。

昔はよく、「どうしたの?怒られちゃったの?」と猫なで声で迎え入れ、ヨシヨシしていましたが、誰がどう考えても良くない行為。
怒られたら逃げればいい、と彼らは思ってしまうため、最近はぐっとこらえて心の中で「がんばれ」とつぶやくのでした。 

IMG_0017 2
今年はサンタさんがたくさん来てくれました!!!!!!!!!!!
ハクビバシルが大喜び。ありがとう!という伝言を預かっていますので、この場を借りてお礼を申し上げます!


 

↑このページのトップヘ