今日もうちのウマコが騒いでる

富山県魚津市でひっそりこっそりウマコたちと暮らす筆者が、馬ってこんな生き物だったの!!! という感想をそのまんま絵日記にしました。

タグ:ハクちゃん

エサやり体験係1
エサやり体験係2

本当に上手…‥

小さな子供の視線からすると、ハクちゃんたちのお顔のなんとデカイこと。
こわくて当たり前です。

必死にニンジンを握りしめた手を伸ばす子供。
そしてそのニンジンを受け止めようと首を伸ばすハクちゃん。

決して焦ることもなく、また焦らせることもなく、プルプルしながら首を静かに伸ばす様はまさに神対応。

フロンティアではめずらしくない光景です。

そして、ほんの先っちょにくちびるが届いたと思ったら子供が驚いて手を離す、なんていうのもよくある光景。

そのニンジンを落とさないようくちびるの動きと吸引力で口内に手繰り寄せるハクちゃんはまさに匠の域。

子供たちの成功体験のお手伝いをするのもまた、ハクちゃんの自称エサやり体験係としてもプライドなのでした。



 

ハクビバのおしりハムハム1
ハクビバのおしりハムハム2


オリンピック見てザワザワしてる?

 普段やられっぱなしのハクちゃんですが、たまにはこういうこともしちゃうのです。
ただ、あっという間に攻められて、やられて、文句言われて‥‥‥。
なにを思い、ハクはこの時間を過ごすのでしょうか。 
がんばれハクちゃん!キミはすでに金メダリストだ!
 

お尻向けられると逃げるシル1
お尻向けられると逃げるシル2


因果応報

理由もなくケンカをふっかけ雰囲気を悪くするのが大得意なシル。
昔はビッグがまるでサンドバッグのようにシルの鉄拳を甘んじて受けていましたが、現在そんな奇特なウマコはいません。

ヒエラルキーが逆転してからはビバにはケンカをふっかけられる側に回ってしまったし、シルは目下サンドバッグ募集中なのです。

さて、そんなシルが今ターゲットとしているのはハクちゃんです。

我が家へハクちゃんが来た当初はしょっちゅうやられており、サンドバッグ2号になってしまったかと心配していましたが、今ではシルが向かって来ることを素早く察知し、スタコラと逃げるのです。

それでもシルの攻撃はある日突然襲いかかります。

平和な放牧中であろうと楽しいエサやり体験中であろうと、さすがのハクちゃんもすべての攻撃を交わすことはできません。

見かねたボスは、シルにおしりを向けるとそのままものすごい勢いで後退したのです。

するとシルは驚愕の表情を浮かべ、同じく目にも止まらぬ速さで逃げていきました。

そうです。彼女は普段自分がおしりを向けてハクちゃんに向かって後退しているため、このボスの行為が何を意味するのか、そして逃げなければ大変なことになる、ということを瞬時に理解したのです。

こうしてハクちゃんの平和は守られました、なんてわけはなく、それはそれ、これはこれで相変わらずターゲットとなっているのでした。
 

ハク足が出る1
ハク足が出る2

いちいち後脚を救出しにいかなければならない‥…

好奇心が旺盛、真似っこ、でも不器用。 
なので、しょっちゅう抜けれずに困った顔で佇んでいます。
入れたのだから出られるでしょ、という考えはハクちゃんには当てはまらないようです。

 

夢だった1
夢だった2

夢で良かった……

 ものすごくリアルすぎて目覚めが本当に悪かった夢。
動物と暮らしているとこれってどんな人でも心配になることかも。

東京にいた頃、神田明神の神馬あかりちゃんがお外に出てしまい、東京医科歯科大学病院前を大疾走した日のことを思い出します。
あそこはものすごく交通量も多く、小型のあかりちゃんはよく無事だったな、と。
確かどこぞのおじさまが立ちはだかり、あかりちゃんを静止してくれたんじゃなかったかな。
うろお覚えですが。

とにかく夢で本当に良かったと朝からどっと疲れた1日でした。
 

 

↑このページのトップヘ