今日もうちのウマコが騒いでる

富山県魚津市でひっそりこっそりウマコたちと暮らす筆者が、馬ってこんな生き物だったの!!! という感想をそのまんま絵日記にしました。

タグ:ミラージュランド

バイキングと背1
バイキングと背2

シーちゃんも人間だったら
もうすぐ三十歳くらい‥‥

馬の年齢って人間に例えると何歳なの?
よく聞かれる質問ですが、大体×4くらいだと答えています。

馬の年齢の数え方は、昔は生まれてすぐを一歳(当歳)と呼び、翌年の一月一日を二歳、と数えていましたが、現在は人間と同じで生まれてすぐの当歳は0歳、翌年の一月一日を一歳、と数えるようになりました。
ちなみに我が家のウマコたちの誕生日は
ビッグ2003年4月17日
ビバ2015年6月12日
シル2014年5月3日
ハク2013年4月29日
ですが、ビバとビッグ以外は西暦しか分からず、日付は私たちで作りました。
どんな馬でも一月一日になればひとつ歳を取るという考えなので、お誕生日は特に重要ではないのかも知れませんね。
でもなんとなくその日にお祝いしたので、勝手に日にちを設定したのでした。

さて、一歳半、二歳半で我が家へきたビバとシル。
三歳までの間に抜け落ちたビバの歯はわたしの宝物です。
そして現在は、ハク八歳、シル七歳、ビバ六歳。
みんな競馬界ならそろそろ引退か、という年になりましたが、乗馬の世界ではまだまだ若者の域。
経験と落ち着いた年齢が適した馬場馬術ならデビューもまだしていない頃でしょうか。
活躍する場によって適した年齢があるのも人間と同じですね。


ちなみに馬の身長は体高と呼び、地面から鞍を乗せる背のき甲と呼ばれるところまでを測ります。
だいたい143〜147センチ以下はポニーになるのですが、我が家もみんなポニーちゃん。
ただ、遊びに来られる方の多くはポニー種だと思っていますがそうではなく、犬で言えば小型犬。要は大きさのカテゴリーのひとつがポニーであるだけで馬は馬なのです。
馬を知ってる人なら当たり前のことですが、結構みなさん勘違いしている方も多いみたいです。

いずれにしてもこの数年間できちんと大人に育ってくれたみんなですが、わたしにとっては幾つになっても子どものようなもの。
ついつい子ども扱いしてしまう時がありますが、やりすぎは良くありません。
なのでせめて漫画の中ではちびっ子ままでいてほしいとも思ってしまうのでした。


 

ビバとペンギンさん1
ビバとペンギンさん2

幼稚園児と一緒にいる気持ちだった‥‥‥

ふれあい牧場フロンティアが間借りしている遊園地施設「ミラージュランド」
の真向かいには、日本初元祖お魚トンネルで有名な「魚津水族館」
があります。
この施設、外にペンギンはいるわ、タッチできる大型の魚類(サメ科???)がいるわで、実はめちゃくちゃ楽しい水族館なのです。

中に入るとアザラシちゃんがいたり、富山ならではのお魚のほか、深海魚のコーナーもあり、巨大ダコやらが所狭しとお出迎え。
むか〜し昔、東京タワーの深海魚コーナーで怖いもの見たさにドキドキしながら不気味な深海魚たちをみて回った記憶が蘇り、客人が来るたびに、魚津水族館と埋没林博物館はおすすめするようになりました。
 
さて、先に述べたペンギンさんですが、今年の冬、ビバに初めてちゃんと見せてあげたことがありました。

ペンギンを間近で見たビバはしばらくの間彼らを凝視すると、わたしの方を振り返ったのです。
なので、「ペンギンさんだね」と教えると、納得したようにまたペンギンの方を向き、しばらくみたのちまたわたしの顔を覗き込む。
なので、ペンギンさんだね、と教えるとまたペンギンを見る。

ペンギンコーナーの前にいる間、ずっとこれの繰り返しでした。

1歳半で我が家へきたビバ。
来月12日で6歳になりますが、いつまでたっても好奇心旺盛で、でもビビりな小さな男の子。

暴れん坊ぶりに頭を悩ましていましたが、このときばかりはとてもほっこりとした気持ちになれたのでした。
 

酔っ払いとシル1
酔っ払いとシル2

ふれあい牧場フロンティアは、富山県魚津市にある遊園地施設「ミラージュランド」内で営業をしています。
うちが魚津市さんから土地を借り、フロンティアをオープンしたのですが、遊園地とあって、実にさまざまな人が訪れます。

中でも隣りのバーベキュー場からは、赤い顔をした千鳥足さんたちがしょっちゅう遊びに来てくれるのですが、うちは節度をわきまえた酔っ払いさんならまあ大丈夫。
ただし、お酒の持ち込みは固く禁じています。

夏になると連日バーベキュー場は賑わいを見せ、フロンティアにも陽気な方々が来ます。
大抵大人数で入ってきて一人が乗るのをみんなでわいのわいの言いながら見ている、というスタイルが定番なのですが、中には一人でふらりと入ってきて、ずっとウマコと見つめあっているという人もいるのです。

ビバと見つめ合われると心配で仕方がないのですが、ハクちゃんやシルならまあ安心。
ただ、一昨年の夏は驚きました。

一人でフラフラと赤ら顔で入ってきた女性はシーちゃんと見つめ合い、15分ほどしたらシーちゃんの目の前で体育座りをし始めて、なお見つめ合い、気づくとめちゃくちゃ至近距離に顔を近づけているのでよく見ると、シーちゃんに顔中舐められている最中でした。。。

お互い恍惚とした表情で舐めて舐められ。。。

舐めぐせのあるシルが顔をかじることはないとは思いますが、さすがに止めに入ると、両者から不服そうな顔でわたしは見つめられたのでした。。。 
 

王の帰還

フロンティアは富山県魚津市のミラージュランドという遊園地施設の中にあるため、牧場から馬小屋へ帰るには遊園地内を歩くことになります。
そのため、フロンティア設立当初は遊具をこわがっていたのですがすぐに慣れ、今では遊園地閉園後に連れて帰るときは、途中でリードを外してしまいます。
するとみな、我先にと「ごはんーごはんー」と(きっと)叫びながら各々の部屋へ走って帰っていくのです。

周囲に人がいないことが限定の帰り方ではありますが、連れて帰る側としてはとっても楽ちん。
あらかじめ部屋には各自ごはんをおいてあるため、こちらが追いつく頃には静かに部屋に入ってごはんを食べているのです。

ただ、シルちゃんだけは別。
みんなと同じように真っ先に走って帰るときもありますが、たいしてお腹がすいていないときや他にどんな理由があるのかわかりませんが、リードを外しても私の横にぴったりとくっつきテクテクと歩いて帰ることがあります。
前に行くでもなく遅れてくるわけでもなく、テケテケと伴走してる様子を見ると、まるで友達とダラダラ帰っているような気がしてきて、なんだかほんわかとした気持ちになるのでした。


IMG_8350
なにされても動じない(でも実はビビリ。。。)

IMG_7838
すぐ人の会話に参加してくる(自分を馬だと思っていない)
 

↑このページのトップヘ