今日もうちのウマコが騒いでる

富山県魚津市でひっそりこっそりウマコたちと暮らす筆者が、馬ってこんな生き物だったの!!! という感想をそのまんま絵日記にしました。

タグ:魚津

ビバのトイレ事情1
ビバのトイレ事情2


めっちゃ取りにくい……

ビバは自分にとって不必要な物事は見えないところに隠してしまう癖があります。
ボロもまた然り。
牧場内で唯一うっそうとしている茂みをいつの間にかトイレにしていたようで、ある日どう見てもビバのと思われるボロを茂みの中に発見しました。
それも何日にも跨って蓄積された形跡が、、

それはいいのですが、蔦が絡まるその茂み。
ボロを取るのがものすごく困難なのです。

ちなみにビバはここ以前から、シルの部屋もトイレと決めています。
なぜにわざわざ他人(馬)の部屋でするのか、と思うのですが答えは簡単。
自分にとってもっとも不必要な場所だからなのでした。。。


 
 

バイキングと背1
バイキングと背2

シーちゃんも人間だったら
もうすぐ三十歳くらい‥‥

馬の年齢って人間に例えると何歳なの?
よく聞かれる質問ですが、大体×4くらいだと答えています。

馬の年齢の数え方は、昔は生まれてすぐを一歳(当歳)と呼び、翌年の一月一日を二歳、と数えていましたが、現在は人間と同じで生まれてすぐの当歳は0歳、翌年の一月一日を一歳、と数えるようになりました。
ちなみに我が家のウマコたちの誕生日は
ビッグ2003年4月17日
ビバ2015年6月12日
シル2014年5月3日
ハク2013年4月29日
ですが、ビバとビッグ以外は西暦しか分からず、日付は私たちで作りました。
どんな馬でも一月一日になればひとつ歳を取るという考えなので、お誕生日は特に重要ではないのかも知れませんね。
でもなんとなくその日にお祝いしたので、勝手に日にちを設定したのでした。

さて、一歳半、二歳半で我が家へきたビバとシル。
三歳までの間に抜け落ちたビバの歯はわたしの宝物です。
そして現在は、ハク八歳、シル七歳、ビバ六歳。
みんな競馬界ならそろそろ引退か、という年になりましたが、乗馬の世界ではまだまだ若者の域。
経験と落ち着いた年齢が適した馬場馬術ならデビューもまだしていない頃でしょうか。
活躍する場によって適した年齢があるのも人間と同じですね。


ちなみに馬の身長は体高と呼び、地面から鞍を乗せる背のき甲と呼ばれるところまでを測ります。
だいたい143〜147センチ以下はポニーになるのですが、我が家もみんなポニーちゃん。
ただ、遊びに来られる方の多くはポニー種だと思っていますがそうではなく、犬で言えば小型犬。要は大きさのカテゴリーのひとつがポニーであるだけで馬は馬なのです。
馬を知ってる人なら当たり前のことですが、結構みなさん勘違いしている方も多いみたいです。

いずれにしてもこの数年間できちんと大人に育ってくれたみんなですが、わたしにとっては幾つになっても子どものようなもの。
ついつい子ども扱いしてしまう時がありますが、やりすぎは良くありません。
なのでせめて漫画の中ではちびっ子ままでいてほしいとも思ってしまうのでした。


 

自己評価高めなビバ1
自己評価高めなビバ2

自己評価かなり高め


 ここ最近ふたり乗りを希望されるお客さんがものすごく増え、必然的にハクちゃんの出番が多くなりました。
そのことに不満を持つハクちゃんを勇気づけるため、タイミングを見計らってこっそりニンジンをあげるのですが、いくらコソコソあげても気づくとビバの熱い視線を感じるのです。

そんな中ハクちゃんと交代してビバをひき馬乗馬のお仕事に出すと、数人乗せただけでなぜかものすごいやり切った感を出して戻ってくるようになりました。

そしてニンジンをポケットに忍ばせたボスがやってくると「うんうん」と首を縦に振り猛アピール。
さらに「お利口さんにしてたか?」と問いただされると、首の振りはエスカレート。
速さも増し、首がもげるのではと心配になるくらいヘドバンするのです。

そんなビバを面白がり、何度もお利口さんだったかと問いただすボス。
必死な形相でヘドバンするビバ。

欲しいものを手に入れるにはこれくらいの情熱を持つべきなのかもしれない、と見ていて思うのでした。

 

 

スマホ越しの声1

スマホ越しの声 c2

シルを忘れてた……

先日諸用で牧場を留守にした時のこと。
厩舎で朝のお掃除をするボスと電話で話していると、スマホから漏れ聞こえてくる私の声にビバが反応したらしいのです。 
そこで、電話越しに名前を呼ぶとどうなるか、実験してみました。

まずはすでに反応しているビバ。
顔の前にスマホを近づけてもらい、ビバの名前を呼び続けると、スマホをかじる、という期待を裏切らない暴挙に出ました。 
その結果、私のことをどう思っているのか、不安がさらに増すことになりました。

続いてハクちゃん。
最初は何が何だかわからない様子だったのが、やがて何を思ってか、フレーメンをし始めたのです。

相変わらず多岐にわたるフレーメンの活用法に感心すると同時に、予想を上回る過剰な反応に朝から胸がいっぱいになってしまいました。

そして心が満足したからか、大事なムスメと話す前に電話を切ってしまったため、シルには改めて電話をしてみようと思っています。

シルとカナグシ1
シルとカナグシ2


いけないプレイをしている
気持ちになる‥‥‥

欠かせない馬のお手入れの一つがブラッシングですが、ブラシにも種類があり、密集している馬の毛をかき分けてフケを掃き落とすものや、毛艶を出すものなど用途によって使い分けます。
そして、それらの道具についた毛を落とすのに使うのが「カナグシ」です。

その名の通り金属でできているためかたく、先の尖った櫛が付いていて、試しに手のひらをそれで擦ってみると結構痛い。。。

そんなカナグシでのブラッシング大好きなシルちゃん。

毛の汚れがひどい場合にはカナグシを使う事もあるらしいのですが、シルちゃんは結構な力を入れないとご満足いただけません。

ただしカナグシが好きなのは彼女だけ。
敏感で繊細なビバは背中を仰け反らして嫌がり、ハクちゃんもいや〜な顔をします。

さて、シルちゃんが好きなお手入れ道具は他にもあります。

それは金属製の熊手です。
この細い爪で思い切りおしりを掻けと催促してきます。
掻いてあげると鼻と口をひくつかせて喜ぶのですが、なんだか変態プレイをしているようでこちらとしては居心地が悪い思いがするのでした。

 

↑このページのトップヘ