今日もうちのウマコが騒いでる

富山県魚津市でひっそりこっそりウマコたちと暮らす筆者が、馬ってこんな生き物だったの!!! という感想をそのまんま絵日記にしました。

タグ:魚津

長文はわからない1
長文はわからない2


わたしはよくウマコにしつこいくらい話しかけます。
おかげでボス以外の人間と会わない日が続いても、口が回らなくなることもなく、むしろ饒舌かもしれません。

さて、ウマコに話しかけること自体は悪いことではなく、むしろ良いことだと思っているのですが、ついついやりがちなことがあるのです。

それは、本来「短く明確」に出すべきである指示を、長々としてしまうのです。
どういうことかというと、通常我が家では足の裏(ひずめの裏)の汚れを道具を使って掘り出すお手入れをする際、「足」と声をかけて、わたしの場合はそれと同時に足をトントンと2回軽く叩いて合図を出します。
そうすると皆、ピッピッと足を上げてくれるのですが、特にハクちゃんに対しては、「今日はいいお天気だねー」から始まり長々と話しながら「じゃあ足しようか」と指示出しをしてしまうのです。

考えてみればそんな長文の中で「足」の指示を出してもわかりっこないですよね。

ただ、それに気付きながらも「もーいつもできてるじゃんー」とまたしても長文はで話しかけてしまうので、永遠にお手入れが終わらないのでした。

いいかげん学習しよう、わたし。。。 
 

はじめての1
はじめての2


先日友人が ウマコたちにイチゴを持ってきてくれました。
我が家ではイチゴはあげたことがなかったため、どのような反応を示すかと見ていましたが、それはそれはおいしかったらしく、何度もおねだりをしていました。

さて、昨年の夏のこと。
牧場へ遊びにきた先の友人が、魚津でとれたピオーネというブドウを持ってきてくれました。
果物とスイーツに疎いわたしはピオーネを知らず、聞けば高級ブドウだとか。
シャインマスカットまでとはいかずとも、巨峰に負けず劣らずの美味しさだとか。
一口いただくとそれはそれは美味しく、一気にファンになってしまいました。

この高級ブドウをウマコたちにもくれると言うのです。
ブドウは食べさせたことがなかったため、どのような反応を示すか、これまた観察をしていると、最初は「なんだこりゃ?」といった怪訝な表情を浮かべていましたが、一口食べたらすっかり虜になった様子。
ブドウが好きなんだ、くらいに思ったわたしは後日、スーパーでお手頃価格の輸入ブドウをウマコたちに購入したのです。
だってお高かったので。。。同じブドウなので美味しく食べてくれるかなと考えたのです。

そしていそいそとブドウを持っていき、ワクワクしながら差し出すと、あり得ないくらいの無表情で食べ、特に鳴くことも首を振ることもなく、淡々と食べ終えたのでした。。。

なんでやねん!!!














帰る ハクいちばん1
帰る ハクいちばん2

牧場から帰る場所=馬小屋=ごはん

そうインプットされているウマコたち。
放牧のあと牧場へ迎えに行くと、ビバとシルが我先にとダッシュしてきます。
それそれは熾烈な戦いで、ボスが行くとビバが自信満々に出口を陣取り、わたしが行くとシルが意気揚々と出口で仁王立ちになるのです。
じゃあふたりで行くとどうなるか、というと、ビバが先に出口にたどり着くとシルは悔しそうに後ろをウロウロとし、シルが先にたどり着くと、ビバは果敢に戦いを挑みに行き、ケンカが始まります。

そんな二人(馬)の様子を離れた場所でジッと見つめ続けるハクちゃんは、スキを見てそっとわたしの背後に近づくと、息を潜めて「早くリードをつけてちょうだい」と言わんばかりに顔を突き出してくるのです。


めったにない光景ですが、ごくごくたま〜にハクちゃんが二人(馬)に勝利する瞬間なのでした。 
 

驚き1

驚き2


SNSで「動物が驚く行動」というのを以前見たボスが、ビバハクシルそれぞれで実験してみました。

それは単純な動作で、足をガニ股に開き、左右それぞれの手を順にロボットのように上げ、両手両足をジタバタと動かしながら近づく、というもの。
 
結果は三者三様。
ビバは耳を絞って怒り、ハクはぼーっとしたまま微動だにせず、そしてシルは一瞬の間を置いてのけぞりビビる。
なぜかシルちゃんは考える時間があるようで、ほんのわずかのタイムラグがあるのでした。
 

お利口さん1
お利口さん2
お利口さん23



わたしとボスがケンカすると、ウマコたちはとてもお利口さんになります。
ふだんはウニウニしてなかなか言うことを効かないことも、スッとできるように。

ふだんは鳴き通しのハクちゃんも静かになり、みな無駄のない動きで朝の身支度を終えます。

それはまるで、こちらのピリピリとした雰囲気を感じ取り、余計な火種を作らないよう気を遣っているかのようにも感じられ、だとしたら間違いなくビバが号令をかけているのだろうな、と思うのでした。
 

↑このページのトップヘ