今日もうちのウマコが騒いでる

富山県魚津市でひっそりこっそりウマコたちと暮らす筆者が、馬ってこんな生き物だったの!!! という感想をそのまんま絵日記にしました。

タグ:魚津

理想と現実1
理想と現実2


ハクちゃんにとったら理想が現実‥‥‥

ものすごく我が強く自己主張も激しくガンコちゃんなハクちゃんですが、動作がおっとり、運動がちょっと苦手なため、コミカルに見えてしまうのでした。。。

シルの名前1
シルの名前2


もはや優しさを見失っている。。。

 
あれはフロンティアがオープンしてしばらくしてからのことでしょうか。

自分の仕事は「ニンジンを食べること」と「寝ること」だと確信したシルちゃんは、時にお客さんが来ても起きないことがあったのです。

それをよしとしない人間がいました。
そう、ボスです。

彼は苦々しい顔でシルを見つめ、そして、彼女に興味を持つお客さんに対してその苦々しい気持ちを吐露するようになったのです。

シルの大きなお尻を見ながら、「そんなひどい」と言いながら、お客さんも一緒に爆笑していたのでした。

ビバ人に囲まれる1
ビバ人に囲まれる2

同じ馬とは思えないほどの穏やかさ。。。

スキンシップが苦手で自己表現が下手くそで、でも甘ったれでかまってちゃんな我が家の末っ子ビバたん。

活動的で頭も良く、先を読んでしまうためやや落ち着きにも欠くコなのですが、不思議なことに、複数人でビバを取り囲み話を始めると、ものすごく穏やかな表情で大人しくしているのです。

まるで、自分を中心に会話がされている(と思っている)ことが嬉しいかのように、いつまでもいつまでもみんなの話に耳を傾けているのでした。

 

ハクちゃん嫌なものへは仕返しする1
ハクちゃん嫌なものへは仕返しする2

親の仇!と言わんばかりに・・・

穏やかで動作のスローなハクちゃんですが、人知れず我が強い。
とにかく我が強く、あからさまな反抗はしませんが、地味なやり方で嫌だという意思を表現するのです。

最も分かりやすいのが「かじる」。

草を食べている途中のブラッシング。
ボーッとしてたのに乗馬。
歩きたくないのにひき馬。

などなど嫌だな〜というとき、その行動に必要な道具をかじるのです。

これをかじって壊してしまえばやらなくても済む「かも知れない」

と言う希望的観測のもと、対象物をかじるのです。

そして本気で噛むわけではないので痛手もなく、よだれと若干の歯形がつくだけ。

ハクちゃんの僅かな希望は叶うことなく、ボスに怒られておしまいという残念な結果にしかならないのでした。

 

ビバ汗かく1
ビバ汗かく2

バレバレ‥‥‥

 
我が家の牧場の柵は5年目にしてもはや寿命を迎えつつあります。
これまでも壊されては直し、その繰り返しでつぎはぎだらけ。
放牧して迎えに行くときは常にドキドキ。

この日もドキドキしながらみんなを迎えに行ったのです。

見たところ柵は無事。
ボスが呼ぶと我先にとウマコたちは走りより、各々リードロープをつけられるのをお利口さんに待っていたはずが、牧場の入り口横の柵の上部、4メートル弱の木がまるっぽないじゃああ〜りませんか。

ボスが問い詰めてもだれも非を認めず、膠着状態が続きましたが、よくみるとわかりやすい違和感が。

そうなんです。
ビバだけ汗びっしょり。
鼻腔も開き鼻息荒く、明らかに何かに興奮していたことがわかる状態だったんです。

ということで、はっきりとしたことは分かりませんが、ほぼほぼ犯人はビバといいうことで、現行犯逮捕されたことは言うまでもありません。

あー年以内に柵修繕目指したい。。。
 

↑このページのトップヘ